3月 夢見月

ある時は歌人と呼ばれ、
ある時は作詞家となり、
ある時はルポルタージュも書く。
けれどもここでは、
そんな「肩書き」にとらわれず
一人の"にんげん"としての気持ちを
丁寧に正直に書き綴っていけたらと
思っています。

季節のハーブティーでも飲むように、
気軽に遊んでいってください。
いつでも、ここが
誰かの"こころのソファー"のような、
そんな居心地のいい空間で
ありますように。


今月の色
柑子(こうじ)色
あの頃のあの約束の色。

※ 3月 夢見月 =ゆめみ

クリックで救える命がある。 クリックから世界が変わる。
地球のたからもの/田中章義


 
日記
田中章義の日記を掲載中。


最新情報
3月20日
4月11日から「夕刊フジ」で新連載が始まります。
3月19日
3月26日、徳間書店から新刊が刊行されます。
3月19日
3月22日(金)、毎日新聞出版から新刊『日本史を動かした歌』が刊行されます。
3月19日
新刊『辞世のうた』(ワニブックプラス新書)が刊行されました。
3月3日
「ふじのくに地球環境史ミュージアム」(静岡県立博物館)の客員教授をしています。
3月3日
國學院大學で教鞭をとっています。
1月4日
公募ガイド社「公募スクール はじめての短歌」(全6回オリジナルテキスト通信講座)の講師をしています。
1月4日
朝日テレビカルチャー(セノバ)で短歌講座が始まりました。 4月以降は数か所に広がる予定です。
12月5日
絵本『野いちごのたからもの』(東京新聞出版局)が発売されています。
12月5日
『天地(あめつち)のたから』(角川書店)が刊行されています。
12月5日
『世界で1000年生きている言葉』(PHP文庫)が刊行されています。
12月5日
『十代に贈りたい心の名短歌100」(PHP研究所)が刊行されています。
12月5日
『野口英世の母シカ』(白水社)が刊行されています。
『著書紹介』では著書の購入が可能です。
ご意見・ご感想を『郵便箱』へお寄せ下さい。
>> 更新履歴

表紙 自己紹介 著書紹介 短歌集 郵便箱 このサイトについて
Copyright © 2002-2019 tanaka-akiyoshi.com All rights reserved.