12月 春待月

ある時は歌人と呼ばれ、
ある時は作詞家となり、
ある時はルポルタージュも書く。
けれどもここでは、
そんな「肩書き」にとらわれず
一人の"にんげん"としての気持ちを
丁寧に正直に書き綴っていけたらと
思っています。

季節のハーブティーでも飲むように、
気軽に遊んでいってください。
いつでも、ここが
誰かの"こころのソファー"のような、
そんな居心地のいい空間で
ありますように。


今月の色
胡桃(くるみ)色
ブータンのおばあちゃんたちにこの色のマフラーを届けたい。

※ 12月 春待月 =はるまち

クリックで救える命がある。 クリックから世界が変わる。
地球のたからもの/田中章義


 
日記
田中章義の日記を掲載中。


最新情報
12月6日
「ふじのくに地球環境史ミュージアム」(静岡県立博物館)の客員教授をしています。
12月5日
絵本『野いちごのたからもの』(東京新聞出版局)が発売されています。
12月5日
『天地(あめつち)のたから』(角川書店)が刊行されています。
12月5日
『世界で1000年生きている言葉』(PHP文庫)が刊行されています。
12月5日
『十代に贈りたい心の名短歌100」(PHP研究所)が刊行されています。
12月5日
『野口英世の母シカ』(白水社)が刊行されています。
12月5日
國學院大學で教鞭をとっています。
11月30日
12月14日、徳川みらい学会で「徳川家康公の和歌」について講演します。
11月27日
「日めくりテレビ」(スペシャリストトーク・ゲスト大桃美代子さん)に出演しています。
11月11日
公募ガイド社「公募スクール はじめての短歌」(全6回オリジナルテキスト通信講座)の講師をしています。
11月4日
「富士山インタビュー」を受けました。
11月2日
朝日テレビカルチャー(セノバ)で短歌講座が始まりました。
2月26日
3月1日「ふじのくに地球環境史ミュージアム」のトークゲストに将棋の羽生善治さんをお迎えします。
3月9日
「しずおか歌枕紀行」(静岡新聞社)、絵本「野いちごのたからもの」(絵とりごえまり、東京新聞出版局)、「地球では一秒間にサッカー場一面分の緑が消えている」(マガジンハウス)、「My name is・・世界にひとつだけの名前」(角川書店)、「夢の力こぶ―北島康介とフロッグタウンミーティング」(角川書店)、「バットマン物語―松井秀喜ー」(講談社)などの本が発売中です。
『著書紹介』では著書の購入が可能です。
ご意見・ご感想を『郵便箱』へお寄せ下さい。
>> 更新履歴

表紙 自己紹介 著書紹介 短歌集 郵便箱 このサイトについて
Copyright © 2002-2018 tanaka-akiyoshi.com All rights reserved.